魚から摂れるEPAとDHA成分のお知らせ

食事からEPAやDHAの成分を

EPAやDHAの成分は食品からも摂れる

魚を食べよう

EPAとDHAは食事から

EPAとDHAを食事から摂るなら、おすすめはコレだ。

・EPA
イワシ、マグロ、サバ、ブリ、サンマ
・DHA
マグロ、ブリ、サバ、サンマ、ウナギ
上記のお魚をたくさん食べると、おすすめした健康成分がしっかりと取ることができます。
今まではサプリメントで摂るほうをおすすめしましたが、食事として食品から食べて摂るというのもいいかな。なんて思ったのでご紹介しました。ただ、魚料理って準備が大変だから毎日は難しいものですよね。こればっかりは、継続して努力するしかないので頑張りましょうね。
そして、注意事項があります。ご紹介した、これらの魚は生で食べるのが一番です。
この成分をしっかり摂るなら、旬のもので脂がのった新鮮な魚を食べるようにしましょう。焼いたり煮付けして食べるとEPAとDHAの健康成分は摂れないのです。

epadhaが多く含まれる食材

epadhaは、食品の中では青魚に多く含まれています。
青魚とは背中が青みがかっていて光沢のある魚のことで、具体的にはイワシやサバなどです。そのまま食べるのはもちろんですが、加工された缶詰からもepadhaを豊富に摂取できます。また、一般的にはあまり呼ばれませんが、マグロも広い意味では青魚の一種です。マグロはトロの部分や目玉の周辺のゼリー状の部分にたくさんのepadhaが含まれています。その他の魚では、サケやウナギからも摂取することができます。
ただ、満足な量のepadhaを食品から摂取しようと思うと、ほぼ毎日魚を食べることになります。食事だけで確保するのはなかなか難しいので、食べられない日にはサプリメントで補いましょう。

DHA・EPA:魚を食べると頭は良くなるの

子供の頭が良くなるようにするには魚を食べさせるようにすると良いと言ったことを耳にすることがあります。
これは魚の油には不飽和脂肪酸のひとつであるDHAと言う成分が含まれているからなのです。このDHAには脳や網膜細胞に多く含まれている成分で頭の働きを活発にしたり、記憶力を高めたり記憶力の低下を防ぐことができる働きを持っているとされています。もちろん魚を食べるだけで頭が良くなるわけではありませんが、食べることによってDHAを摂取することができ脳の発達や機能の維持などを手助けしてくれるため記憶力や学習力に良い影響が期待できると言うことなのです。

EPA DHA関連情報

メディプラスゲル関連情報