幼児用DHAキッズサプリのお知らせ

お子さんのためにDHAやEPAの成分を

DHAやEPAで子供の健やかな成長をサポート

子供の健康を考える

「たくさんの支持から誕生したキッズサプリ」幼児用DHAサプリとは

DHA配合のキッズサプリとは、子供の元気をサポートしたいというリクエストから生まれたものなのです。
商品開発にあたって実際に530組の親子に試食をしてもらい、他にもアンケート調査を行い、我が子を想うからこその悩みの種を解消する幼児用サプリメントを完成させました。丈夫な骨の形成に必要不可欠なカルシウム、通常は出産時に母体から受け継ぐクリスパタス菌という乳酸菌を配合、免疫力が高まり丈夫な体になり、風邪やアレルギーなどから守ってくれる効果があります。また魚をあまり食べない幼児でも、このサプリで十分なDHAが摂取できるように作られています。

賢い脳をつくる?幼児の発育をサポートするDHAの働き

DHAというと青魚に多く含まれる健康成分で、メタボや血液がドロドロで悩んでいる大人が摂取するものというイメージがありますが、大人だけでなく幼児など子供にも効果が期待できる成分であることが分かっているのです。
子供において血液がドロドロという心配は基本的にないですが、DHAを摂取することで学習能力の向上に期待できることがわかったのです。
賢い脳をつくるためにはDHAをしっかりと摂取することが大切になります。
摂取量ですが、子供の場合でも大人の摂取量と変わらない量を目安にしても良いので、食事だけでなくサプリなども出ています。

DHA幼児の摂取量はどのくらい。幼児がサプリで摂りすぎると影響は

DHAを取ると頭が良くなると言われています。
幼児のうちから積極的に取らせたいと思うのが親心でしょう。ではどのくらいの量を取ればよいのか、18歳以上の成人で1日1000mgですが、子供の設定はないのですが目安として3歳から12歳で1日150mgくらいとなっています。
この成分は青魚に多く含まれていますが、1日量を食事だけで補うには大変で、最近はサプリメントも販売されているために、それで補うこともできます。ただ必要以上に取りすぎると吐き気や下痢、また血液サラサラ効果もある為に出血が止まりにくいなどの悪影響も考えられるので注意が必要です。

幼児のうちからDHA・EPAを与えよう

現代人の食生活スタイルからくる生活習慣病の予防に効果的であるDHA・EPAですが、効果はそれだけではありません。特に乳児、幼児期に脳の神経を形成するにあたって必要な栄養素であると言われています。
DHAは海馬に多く含まれている成分であり、海馬は学習や記憶を司る部分であります。そのため海馬にとっては必要不可欠な栄養であることがわかります。学習や記憶を司ると言いましたが、平たく言うと、物を考える、判断する、記憶するなど通常脳の働きとして認識されている多くのことがこの海馬で行われます。その海馬にDHAが多く含まれていると情報の伝達速度が上がるので、それは子どもの学習成績向上にもつながると考えられます。

EPA DHA関連情報

メディプラスゲル関連情報