DHAとEPAの副作用についてのお知らせ

副作用を学ぼうよ

気になる健康成分の副作用とは

副作用はあるのかな

副作用が気になる。DHAとEPAの違いは

DHAとEPAは、一緒に並べられることの多い栄養素ですが、働きには多少の違いがあります。
どちらも血液をサラサラにする効果があることで知られていますが、血栓を予防する、血小板凝集抑制作用はEPAの方が優れています。
一方、EPAと違い、DHAは脳を構成する成分の一つであるため、脳を活性化させるという働きがあります。
どちらも、規定の量を摂る分にはあまり副作用はありません。ただし、過剰摂取によって、血液が固まりづらい、下痢や吐き気を引き起こすといった症状が起きることがあります。適切な量を守って摂取することが重要です。

生活習慣病に効果があるDHAとEPAの副作用は

DHAとEPAを過剰に摂取してしまうことで副作用があったりはいないのでしょうか。
基本的には副作用の心配はありませんが、過剰に摂取すると吐き気や出血が止まりにくくなるなどの症状が出てしまうことがあります。
また、血圧を下げる薬などを飲んでいる方の場合、薬の作用に加えてDHAとEPAの効果が出てしまい、血圧が下がりすぎてしまうということもあります。

DHAとEPAで中性脂肪が減る。副作用について

DHAとEPAには、ダイエット効果になることはもちろん、生活習慣病の予防など様々な効果があります。
これらの副作用については、多く摂取しすぎることで吐き気や出血時の血が止まりにくくなる、下痢や胃もたれなどのリスクがありますので、摂取量には注意が必要です。

EPA DHA関連情報

メディプラスゲル関連情報